三代続く老舗菓子店。和風の佇まいで街道に構え、店内は和モダンを基調としたあたたかい雰囲気。そして、バターと小麦の焼ける、食欲をくすぐる香りが漂っています。
和の精神を大切に、洋の食材や技法を取り入れた「和魂洋才」のスピリッツ。そして昔から続く和菓子とともに、「世代をこえて、地域に愛される菓子を作りたい」という想いで、店主、女将ともども笑顔でお待ちしています。

2018年5月

静岡新聞 夕刊


本日の「静岡新聞 夕刊」 森町のお茶とお菓子のPRに。 若旦那、載っちゃいました!

全て表示

焼きたての日!


今日は月に1度の「焼きたての日」 「あんぱん饅頭 粒あん」でみなさまのお越しをお待ちしております!! 通常13 [...]

全て表示